「天気の子」と「君の名は」はどっちが興行収入が高かった?推移を比較!

「天気の子」と「君の名は」は、どちらも新海誠監督のアニメ映画で、

興行成績がすごいことで話題になった作品でした。

 

ところで、「結局、どっちが興行収入高かったのだっけ?」

と疑問に思ったりはしてませんか?

実は、私も最近、混乱していたところでした。

 

というわけで、「『天気の子』と『君の名は』はどっちが興行収入が高かった?推移を比較!」

と題して、みていくことにしましょう!
 

スポンサーリンク

 

「君の名は」と「天気の子」の興行収入はどっちが上?

 

どちらの映画作品が興行収入で高かったか、結論から言うと、

「君の名は」の方でした。

 

ここで、重要なポイントが、いくつかあります。

 

  • 「君の名は」の方が「天気の子」よりも先の作品
  • 「君の名は」「天気の子」ともに興行収入100億超え
  • 公開直後の「天気の子」の勢いがすごかった

 

一つ目についてですが、新海監督は、「秒速5センチメートル」などの作品で、

知る人ぞ知るすごいアニメ映画監督でしたが、

一気に有名になったのはおそらく、「君の名は」からだと思います。

そして、「天気の子」という作品は、

「君の名は」による知名度があった上での期待作だったことになります。

 

そして、その期待感もあって、最初、「天気の子」はものすごい勢いで売上を伸ばしたのでした。

 

「天気の子」と「君の名は」の公開三日間の興収

 

2016年8月26日(金)公開の「君の名は」は、

最初の3日間で約12億円の興行収入となりました。

 

これはすごい大ヒットなのですが・・・。

 

それから約3年経った2019年7月19日(金)に公開された「天気の子」は、

公開から3日で、約16億円の興行収入を達成、

「君の名は」と比べるとおよそ128%で、3割増し近いという驚異の数字です!

 

100億突破はどちらが先?

 

スポンサーリンク

 
ところが「天気の子」は、この勢いのまま、前作を超えることはできませんでした。

興行収入で100億円を突破したタイミングを比べてみましょう。

 

「君の名は」が興行収入100億円を超えるまでの期間は、

公開から28日間でした。

 

一方、「天気の子」は、興行収入100億円を超えたのは、

2019年8月22日なので、公開から33日間ですね。

 

このように、最初は勢いよくスタートした「天気の子」でしたが、

途中から、前作「君の名は」ほどのペースではなくなったことになります。

 

そうはいっても、十分にすご過ぎるわけですが・・・!

 

まとめ

 

今回は、「『天気の子』と『君の名は』はどっちが興行収入が高かった?推移を比較!」というテーマでした。

 

少し短めになってしまいましたね。

また鬼滅の刃の映画記事に載せたような図を入れたいのですが、、、
そこまでは手が回っていません。。

【鬼滅の刃の映画の興行収入の推移についての記事】 => 鬼滅の刃・無限列車編の興行収入の推移をグラフにしてみた

とりあえず早く記事を公開することを優先しました。

みなさんからの反応があれば、また頑張って図や考察も入った記事にしたいですね!
 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました