【鬼滅の刃】猗窩座が煉獄さんを下の名前で呼ぶ理由はなぜかを考察!

鬼滅の刃の劇場版が大ヒットしましたね。

主に、「炎柱」の煉獄さんの活躍が中心となっていると言っていいと思います。

敵キャラである、上弦の鬼の猗窩座(あかざ)が、猛威をふるうのを、決死の覚悟で食い止めた煉獄さん。

 

その煉獄さんに対して、猗窩座はとても馴れ馴れしい口のきき方をし、杏寿郎(きょうじゅろう)という下の名前で呼びます。

 

猗窩座はなぜ、煉獄さんのことを下の名前で呼ぶのでしょうか?

考察をしてみたいと思います。
 

スポンサーリンク

 

猗窩座は強い者が好き

 

答えを見つけるためには、猗窩座の性格や考え方を知る必要がありそうです。

 

猗窩座の考え方とは、次のようなものです。

 

  • 弱い者は嫌いで価値がない
  • 強い人間でも老いて死ぬのが残念

 

弱いと判断した人間に対しては、平気で踏みにじります。

登場シーンの直後に、倒れている炭治郎に、いきなり攻撃してきたくらいです。

理由は、煉獄さんとの話の邪魔だから、という理不尽なものです。

 

逆に強い人間のことは好きで、煉獄さん相手には、積極的に話そうとします。

とても嬉しそうな表情で「お前も鬼にならないか」と、これまたいきなりの勧誘。

「話」とは、このことだったみたいですね。

 

猗窩座は原作で、「無限城」での最終決戦の際に再登場します。

その際には、「しゃべるのが好き」ということも言っています。

 

要するに、細かいこと(自分が興味ないこと)にはこだわらず、

強い人間と話をするのが好きで、自分と同い鬼になってくれたら嬉しい、

というのが、あかざの性格・行動原理のようですね。
 

スポンサーリンク

 

猗窩座の人間時代はかなり昔

 

もう一つ重要なのは、猗窩座の過去、つまり、鬼になる前のまだ人間だった時代がいつか、です。

 

人間時代の猗窩座の名前、いわば本名は、狛治(はくじ)というのですが、

狛治を鬼に勧誘したのは、鬼舞辻無惨でした。

鬼のボス直々の勧誘だったのですが、それもそのはず。

 

狛治のところにやってきたときの無惨のセリフに、

「強い鬼を十二体ほどつくろうと思うんだ」

というのがありました。

 

この十二体の鬼というのが、後の十二鬼月のことなのでしょう。

「上弦の鬼」というのは、そのうちの強い方の六人の鬼で、

その下にもっと弱い「下弦の鬼」が六人いる、という組織になっていました。

 

このうち、猗窩座もそのメンバーである上弦の鬼は、

100年以上、倒されずにいたし、猗窩座はその最初期メンバーなので、

人間時代は、かなり昔だったと言えそうです。

 

今でこそ、名前というのは「姓」と「名」、つまり、苗字(みょうじ)と下の名前からなりますが、

苗字というものは、昔は身分の低い人たちは持っていなくて、

貴族や武士たちだけが使う者でした。

一般庶民も苗字を使うようになったのは、

明治時代からでした。

 

人間時代の猗窩座、狛治さんは身分が高くはなかったので、

苗字というものに馴染みがほとんどなかっただろうと思われます。

 

猗窩座が煉獄さんを下の名前で呼ぶ理由

 

スポンサーリンク

 
このように猗窩座が人間だった時代がいつだったかを考えると、

苗字というものを使う習慣がないので、相手を下の名前で呼ぶ、という理由づけが考えられます。

 

また、苗字は、身分や出自と関係があるのですが、猗窩座の場合、

そういうことには関心がなく、自分自身の目で見た相手そのものに関心があるのでしょう。

だから、家柄とかそういうことに関係なく、煉獄杏寿郎という人物そのものを見ているのです。

杏寿郎(きょうじゅろう)呼びには、猗窩座のそういう、純朴な一面も現れているのかな、とも思います。

 

もう一つ。

「カイジ」という作品に、和也という人物が出てくるのですが、

この人も相手を下の名前で連呼します。

「カイジ」、「カイジ」と、主人公に対して親しげに話しかけます。

相手を自分と同類だと思っている節があるという点で、

猗窩座と共通しているような気がします。

 

なので、もしかすると、鬼滅の刃の作者のワニ先生が、

カイジの和也をヒントに、猗窩座のしゃべり方を考えついた、というような可能性もあるかもしれませんね。

もっとも、そんな話は聞いたことがないので、ただの偶然でしょうけれど。

 

まとめ

 

「【鬼滅の刃】猗窩座が煉獄さんを下の名前で呼ぶ理由はなぜかを考察!」と題して、

十二鬼月の上弦の参・猗窩座(あかざ)が、どうして煉獄さんを「杏寿郎」と呼ぶのかを考察してみました。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました